おっさん子供の結婚までの?日間
結婚までのカウントダウン足踏み中?
ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
リンク
アクセスカウンタ
参加ランキングサイト
結婚式までのカウントダウンブログ
ブログペット
LINKS
PROFILE
OTHERS


11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
ハルカ来襲。
先週末、今度はハルカがうちにやってきました。
毎週末予定が入ってるわけで、いつになったら木更津キャッツアイ観に行けるんだろうか?



午前中、部屋を片付けたりしているとハルカから電話が。
手土産をちょっと悩んでるみたい。
59番目のプロポーズという本に影響されてるオイラ達。
その中で

『ケーキ類の時間が経つと駄目なものは持っていくと"すぐ出せ"っていう風になる様で気を使わせるかも』

という内容があったので。



丁度その電話を近くで聞いてたうちのおかん。



母親『私、果物いっぱい乗ってるやつ!』



申し訳ないです。
そんなステキな心遣いもうちのおかんには無用な様でw

母親『声、漏れてきたけど大人っぽい声してたね〜!』

何故か浮かれ気味のおかんw



その数時間後、博多駅までお迎えに行ったオイラ。
先週とは対照的にハルカに緊張している様子は見当たらない。
度胸が座ってるのか、そもそも、そんなに緊張しなくて良いイベントなのかはわかりませんが、とりあえず羨ましかったですw



うちに到着しました。

ここからは予想通りの展開がしばらく続きましたw
おかんが子供自慢しながら喋る喋る。
リビングに飾ってある写真の説明をしたり、自分の趣味の話を延々してたり。
とりあえず、ハルカのお父さんとは上手くやれそうな気はしましたw



さて、本題。



母親『私は同棲良いと思うよ。本人達の問題だし。いきなり結婚して×が付くよりも、先に一緒に生活して駄目になるなら駄目になるで、上手く行くならそれに越したことないし。』



何の前振りもなしにいきなり本題について語りだすおかんw
いやいや、ビックリですよ。
いつそっちの話題に持っていこうか空気読んでたのに…。
良い意味で空気読めないおかんに感謝w

そういや、昔っから言われてました。
実家を出たい一心で、結婚に踏み切るまでが早すぎたうちのおかん。
当時は同棲なんて不純っていう風潮だったみたいで、同棲してたらおとんとの結婚もなかったかもという話。
まぁ、うちの親父いなかったらオイラも存在しないわけですし、運命って不思議ですな。

まぁ、簡単にまとめますと

・同棲は賛成
・本人達の問題なんで無理して私(おかん)と仲良くしなくても良い
・妹だけとは仲良くしてほしい
・ケーキ美味しかった。どこのケーキ?

っていうのがおかんの意見。

真面目な話しているおかんを見るのも初めてだったんでちょいとびっくり。
やっぱり母親なんだな〜って思いましたよ。



とりあえず、いろんな写真を見せられたハルカ。
(うちのおかんは写真好きで子供の頃のオイラとかよく撮ってたので)
成人式の茶髪で髪の長い時期のオイラを見た感想。

ハルカ『ほそっ!!なんか尖ってる感じやね。』

ナイフみたいに尖っては触るものみな傷つけた様なイメージらしかったです。

ハルカ『今から、マイナス何kgよ?これ』

リク『……マイナス10kgです』

ハルカ『…ダイエット頑張ろうね…』

尖ってたナイフの先も脂身で丸くなっちゃった様で。



まぁ、そんな感じで初対面が終わりました。
一通り終えてのおかんの感想。



母親『大人っぽい人で緊張したー』

リク『へー、緊張してたんだ』

母親『そりゃそうよ。』

リク『で?どうだった?』

母親『どーもこーも、アンタが選んだ人やけん私は何も言わんよ』

リク『あぁ、そうなんや』

母親『とりあえず、お酒飲めるんなら一緒に飲みたいねー』

リク『そか。伝えとくよ』

母親『いーなー。結婚かー。もうちょい若けりゃ私も…』



親父の一周忌まだなんですけど…。



とりあえず、オイラの3歳頃の写真を見たハルカの

『顔、本当に変わってないんやねwww』

という台詞に多少傷つきながらもうちのおかんとの初対面は終わりました。
なんだか、リクサイドはOKっぽいですね。
| vs リク一族の話。 | comments(7) | - | リク |
おかん合流?
友達との旅行を終えたハルカを向かえに行きました。
っていうか、長旅で疲れた体に鞭を打って遊んでもらいましたw

まぁ、一通り遊んで夕食どうする?っていう話に。
せっかくだし、何か食べて帰ろうっていう話で2人で店を決める会議。

おかんはバイト(パート?)中だったんで

『夕食、外で食べてくるね』

とだけメールして店決め会議を続行してました。
しばらくしておかんからの返信。

『今、仕事終わりました。合流する?』

いつもみたいに家の近所を散歩してるオイラと合流して飲みに行こうって話しだな?
とりあえずここは断っておこうと思い

『合流しません。家でゆっくりしとき!』

と返信してハルカと決めた居酒屋の店内へ。
そこの居酒屋はAUの技術力を駆使しても圏外だったわけでその後しばらく連絡来ず。



とりあえず、ハルカとの食事を終えて店を出るとメールが1件。

『会ってみたかったから行こうかと。一人で乾杯してます』

合流ってデート中のオイラ達と合流するっていう意味だったのか!!
そういや、朝起きて家を出る準備をしてる時に誰と遊びに行くのかと聞かれてハルカの名前出してた気がします。
早く連れてきなさいよ〜とは言うてたおかんなわけだけども、自分から出向こうとしているとは思ってもみなかったなぁ。
今回は実現してないものの、実現する日も近い予感しますね。

気が早いっちゃ早いんだけども、おかんも娘が出来る感覚が嬉しいらしい。
オイラはこんなんだし、妹なんて全く可愛げがなくオイラより男前に育ってしまったわけだし。
イケ面の芸能人の話とか、そういうたわいもない話なんだろうけども。
確実にオイラよりはよく喋るし、ハルカも大変かも…。

さすがに今のところ同居とかは考えてないんだけども、嫁姑問題とかやっぱあるんかなぁ…。
仲良く出来ると良いな。


運命の日まで後、あと409日・・・。
| vs リク一族の話。 | comments(3) | - | リク |
おかんの読み。
ハルカのお母さんが昨日帰って来ました。
どうやらメールの設定でハルカママからのメールがハルカにまで届かずに送信出来なかったとの事。
やい!ソフトバンクモバ○ルめ!!
かと、言うてメールで送る内容はハルカ本人も聞けず終いだったそうです。
何て送ろうとしたのか気になりますね。

とりあえず、積もる話もあった様でオイラの話題はほぼスルーだった様ですw
お父さんを交えて食事してたので言い出しづらかったのかもっとフォローはしてくれましたが…。
なんだかハルカの様子では、基本ウェルカム状態らしいです。

ハルカ母『いつ来るの?部屋片付けないとね

っていう言葉が出たそうです。
いやいや、緊張感が高まってきましたよ。



まぁ、ハルカサイドの詳しい話はハルカに任せるとして、リクサイドの話。
昨日はおかんと海鮮丼を食べに行きました。



オイラのミスによって相当早い段階でおかんにバレてしまったわけで。
っとなると、おかんから出てくる話は



リク母『いつ連れてくると??

(*・゛・)ウーン・・



オイラの中じゃ、まずハルカ家に先に挨拶しておきたいなっていうのが本音。
ただ、後回しにされてるって思うと、うちのおかんも嫌だろうし…。
とりあえず、オイラが仕事が忙しいからなかなか都合付かないっていうのを理由に切り抜ける。



リク母『結婚前に同棲しなさいよ。親に紹介も無しに同棲したら許さんけど!



( ゚Д゚)ポカーン



話を詳しく聞くと、どんなに好きでも一緒に住んでみないと見えない部分がたくさんあるとの事で。
おかん自身それで失敗…いやいや、息子の前でそんなん言うなっつのね。



リク『まぁ、結婚前には同棲は考えてるけど…

リク母『いつね?10月??



…それ、今月じゃんw



リク『いや、さっすがに冬のボーナス(あるかわからんけど)出てからじゃないと先立つ物がねぇ。ってか何で今月なんよ?

リク母『だって、アンタ誕生日やし!



いや、確かに誕生日だけど引越し関係ないしw

とりあえず何故かノリノリのおかんをなだめて帰宅。
"思い立ったが吉日"のオイラの性格を見越して10月中に色々済ませてしまおうと思ってると感じたらしいです。
いや、同棲はともかくハルカ宅への挨拶、リク宅へハルカを招待というイベントを今月中にしようと内心思ってるので、おかんの読みもあながち外れてはない。
何も考えてないようでたまにストライクを投げてくるおかんはさしがかもしれません。
そもそも、同棲の計画もこっそりハルカと話してた矢先の出来事なもんで、さすがのオイラもしどろもどろw

親父が亡くなったせいなのかはわかりませんが、新しい家族が増えるのは息子の奥さんであれ、フェレットであれ嬉しそうです。
いつまでもこの調子で元気でいて欲しいですね。



でも、1番怖いのは厳しいハルカ母とちんちくりんのリク母の対面かもしれませんねぇ…。



運命の日まで後、あと417日・・・。

ブログランキングブログランキングranQ
| vs リク一族の話。 | comments(6) | trackbacks(0) | リク |
何親等?
先週末、叔父が他界しました。
うちの父の時とは違って元々、入院していて長くはないってのを薄々感じてたので変に心の準備は出来ていましたが。
ま、葬儀の話は置いといて。

変な話、こういう時でしか会わない親戚っているじゃないですか?

あら〜、リクちゃん。立派になって〜!!

みたいな事を言う親戚とか。
(・・・実際は半年前の親父の葬式で会ってるのでそんなに変わりませんがなw)
そもそも、もうすぐ27だというのに『ちゃん』付けは辞めろっつの!



まぁそんな中、通夜とかで夜も更けてくると、ちっちゃい子は寝ちゃうし、人の成長具合でリアクションする話題もなくなって、標的にされるのはオイラ達の世代。
やれ、『結婚しないの?』やれ、『子供はまだなの?』・・・。
実際、もっと年上とかで独身の親戚もいるのですが、そこは触れちゃいかんとこらしくてね・・・。

オイラより年上の従兄弟たちは結婚して子供いるか、婚約してる状態かなので矛先は自然とオイラに・・・。



親戚『リクは最近どうなん?彼女でも出来たね?

(あ〜・・・半年前はいないって言うてたしめんどくさいし適当に流すか・・・)

リク『ん〜っとですね・・・今はま・・・

母親『いるとですよ!!



Σ( ̄ロ ̄|||)

何故、人の話を遮ってまでアンタがバラす・・・。



リク家には話題が乏しいのか、池の鯉に餌やった時みないな感覚で食いつく食いつく。



『どんな人?』『いくつなん?』『いつから?』『どういう関係?』・・・etc



・・・こういう事言うたらいかんのだろうけどさ・・・。
知らん親戚とかって正直初対面感覚は否めないわけだし。





・・・(´Α`)ウゼーヨ



とりあえず『式には行くから!!』っていう親戚入れるととんでもない人数になるんですがね。
少なくともオイラの名前間違えるような親戚は呼んでも仕方ないと思うのですがね・・・。


親戚枠ってだいたい何親等くらいまで呼ぶべきなんだろうか??

ブログランキングブログランキングranQ
| vs リク一族の話。 | comments(4) | trackbacks(0) | リク |
ゼク○ィ見つかる。
付き合った当初から早い話が結婚を意識し始めてたのですが、かと言うてお互い結婚ってのは初めて(当たり前だがw)
とりあえず何から初めて良いのかわからないわけで(いや、両親に紹介でしょうが・・・w)

こないだゼク○ィを買って居酒屋で手羽先食べながら打ち合わせ。
カフェとかじゃなくって居酒屋ってのが飲兵衛だなw

まぁ、早い話が、式だけじゃなくって結納、新婚旅行とか色々完璧にこなすととんでもない金額になるってのにビックリ。
とりあえず、2人の間では『こんな式にしたい』だとか『こんなドレス着たい』ではなく

節約して貯金

ってキーワードしか出てこなかったわけなのですがねw
・・・飲み会自制しなきゃだな。



さて、ゼク○ィを買ったはいいが、どっちが持って帰る?っという話に。
(※お互い実家暮らし)



そこで目に入ったのが付録。

新郎のノウハウが収録されているDVD。
新婦の両親の挨拶の仕方だとかそんなんが入ってるやつね。

とりあえず、勉強しとけって事でオイラが持って帰る事に・・・。
┐(´ー`)┌ヤレヤレ



・・・うーん。



持って帰ったはいいが、どこに隠すべきか・・・。
普通の本よりサイズがでかいわけで。
エロ本隠すのとはわけが違うし

とりあえず、後で考えようと次の日、休日だったので自分の部屋で寝っころがってフェレットに頭踏まれたりしながら勉強。



勉強・・・。



勉・・・



(。・。+)(。-。-)(。_ _) ..zzZZ



いつの間にか睡眠学習に入ってたわけで、夕食が出来たと呼びにきたうちのおかん。
広げられた本を発見してオイラを起こす。



母親『は?何読みよったとね?

リク『あ、いや、別に・・・

母親『え!結婚!?彼女おるとね!?

リク『・・・うん。結婚も考えてる彼女いてるよ

母親『ほんとね!今度、連れてきぃよ!

リク『・・・へいへい。初盆終わるまではこっちも忙しいでしょうに
(※昨年末に父親が他界)

母親『とりあえず、その本見せり!

リク『・・・はいよ



このドレス良いっちゃない??



ここの式場は??



誰呼ぼうかねぇ〜?




┐(´ー`)┌ヤレヤレ
・・・アンタの結婚式じゃないっつの。

そんな中、息子の結婚相手(予定)よりも結婚式そのものにノリノリになったリク母。
ってのも、うちの母の場合は典型的な九州男児の親父は全て自分で決めなきゃ嫌らしくって母親の意見は聞く耳持たなかったらしい。
どちらかと言えば結婚式って新婦の方が主役だと思うんだけどなぁ・・・。

ま、最終決定はオイラ達だし、ここまでノリノリなら止めるのも可哀想だし放っておくか・・・。



見られちゃったものは仕方ないとしてだ。
これはリク母としては結婚に対してはGoサインが出たとして良いものだろうか??
まだ相手も紹介してないというのに・・・。
アンタの選んだ人なら間違いないとは言うてるけども・・・。
今までは間違いばかりだった事もあるしだな

とりあえずうちの家族は簡単に説得できそうな気するな。
金銭面での仕送りとかは考えなきゃだけども。



そんなわけで、心の準備もせずに親の説得っていう関門をクリア(?)してしまいましたとさw

ブログランキングブログランキングranQ
| vs リク一族の話。 | comments(6) | trackbacks(0) | リク |